訪問介護サービスについて

介護応援団!介護に関しての情報・支援サイトです。

訪問介護サービスについて

介護保険制度で定められているサービスの種類は、”在宅サービス”と”施設サービス”とに分けられます。

訪問介護については、社会の高齢化の進行に対応するため、2000年に施行された、「介護保険法」に基づいて行なわれている在宅サービスです。他には、”ホームヘルプサービス”などとも呼ばれています。

介護福祉士、またはホームヘルパーなどの資格を持つ専門員などが、自宅などで療養している高齢者、または病人を訪問し、身体介護・入浴・そして排泄の介助や食事といった家事に関しての援助を行なっているのが「訪問介護」つまり”ホームヘルプサービス”なのです。ホームヘルプサービスの最大の特徴としては、自分が家にいないときでもヘルパーが様子を見に来てくれるので、安心して外出できると言うところにありますね。ヘルパーがいることにより生活の幅が広がりますね。

このサービスは、特別養護老人ホーム(特養とも呼ばれています)や、デイ・ケアセンターなどといった福祉施設で行なわれる施設サービスの対象者に比べてみても、比較的、軽度の要介護者が対象になることが多いようです。

介護保険制度における訪問介護サービスは、少子化や核家族化、または社会の急速な高齢化が進む中で、要介護者を抱え、介護が重荷になりつつある家族にかかってくる負担の軽減に役立っています。



訪問介護員の資格について

訪問介護サービスにおいては、介護関連の資格である”介護福祉士”または”ホームヘルパー”などを持っている人がm要介護者・要支援者のいる家庭を訪問し、身体介護、入浴や排せつ、食事などといった、家事の援助を行なうものであります。これらのサービスを行える資格は、高齢化社会が進んでいくのにともなって、需要・ニーズがますますに高まっています。 こういったサービスを行うことが可能な「訪問介護員」となるには、”訪問介護員養成研修”と呼ばれる研修を受けて、その課程を修了し、さらには介護保険法の中で定められた資格を取得する・といった必要がでてきます。

介護問題などを所管する厚生労働省としては、介護に携わる者の資格を”介護福祉士”に一本化していこうという方向を打ち出しました。しかし、需要に対して供給が全く追いついていないという現状であるので、2級以上の資格を持った”ホームヘルパー”の需要は、依然として高い状況となっています。

注目サイト

最終更新日:2016/4/25