介護保険施設について

介護応援団!介護に関しての情報・支援サイトです。

介護保険施設について

1997年に介護保険法が制定されたことにより、新たに”介護保険施設”というものが作られました。

これは、介護を必要とする人に対し、通常の身の回りの世話だけにとどまらず、看護や医学的な管理に基づいた介護を行い、またはリハビリなどといった機能訓練などの、必要な医療を行う施設のことを言い、「介護老人保健施設」とも呼んでいます。

こうした法律関連では介護関係に関わらず、 いろいろ、難しい言葉などが出てきてよく分からない・・といった声が出てきそうですが、このページを呼んでおられる方々なら、知っておいても損はないでしょう。

これは介護保険法の制度に基づいたものであり、全国の都道府県知事が指定している介護保険施設の種類には「介護老人保健施設」の他にも、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設といった種類のものがあります。

この内、”介護老人福祉施設”は「特別養護老人ホーム」と呼ばれる施設のことになります。



介護老人保険施設の利用について

”介護老人保険施設”というのは、どういった人たちが利用しているのでしょうか?

まず、 介護老人保健施設を利用する基準を説明します。

病人の場合では、介護が必要な高齢者の方の中で、比較的病状が安定しており、リハビリ等の機能訓練を必要としている人たちです。 また、必要な医療だったり、日常生活における身の回りの世話等の援助なども受けることができます。

ただし、利用する介護老人保険施設の種類、またはそれぞれの人で認定されている”要介護度”などにより、標準的なサービス料金もかなり違ってきます。サービスを受ける前には、料金などをよく調べることが大切です。

また、介護ではなく、医学的な見方によって長期間にわたる療養が必要な人と判断される場合には、介護保険法で同じ様に定められた、”介護療養型医療施設”などの施設などもあったりしますので、介護者が必要な方の健康状態を専門員などに伝えたりするなどして、よく相談されてみてはいかがでしょうか。

pickup

2016/4/25 更新