在宅介護について

介護応援団!介護に関しての情報・支援サイトです。

在宅介護について

介護保険制度においては、”在宅介護”そして、”施設介護”を定めています。

”在宅介護”とは、老人、または障害者などの、1人で日常生活を営むことが困難な人などを対象にして、ホームヘルパーなどの介護の専門家、または家族の協力により、対象であるの介護が必要な人の、健康な生活の確保・そして成長、発達を目指して、介護される側・介護する側が満足できる生活を維持することを目的にしています。

これは、食事や排泄・掃除・洗濯といった日常生活に必要な体の運動の援助であったり、話し相手になってあげるなどの、社会的孤立を避けるための援助を、施設などではなく「家の中」で行うことを目的としているために、 家族のもとを離れ、不慣れな介護施設に入って専門的な介護を受けるというよりも、以前から住みなれている自宅においての介護を希望される方も、少なくはありません。そのため、自宅での介護は介護用品が負担軽減になります。オムツからベッド、また健康を管理するパルスオキシメーターや吸引器もその一つです。(パルスオキシメーター・吸引器販売)これらの商品のおかげで、現在では自宅での介護がかなり行いやすくなったといえます。

施設介護によらない介護サービス

施設介護によらない介護サービスについて、介護保険法では規定を定めています。

どのようなものかというと、カテゴリーで言えば、「ホームヘルパーによる訪問介護」というものや、「デイサービス」「ショートステイ」「ケア・ハウス(老人ホームなどの施設ですね)」、「グループ・ホーム」といったものが、介護保険法で規定されています。

また、これまでの在宅介護支援センターは、”介護を要する高齢者または病人”と、”要介護者を擁するその家族を対象”としたものでしたが、平成2年から特別養護老人ホームや病院といった施設に併設されるようになっており、在宅介護に取り組む家族・そして、高齢の在宅者の後方支援が容易になるようにしています。

「在宅介護サービス」のより具体的な内容になりますが、これらには家事の援助や身体介護や排泄介護・散歩同行などといったサービスが挙げられます。
こういったサービスの受け方は、在宅介護支援センターで介護の支援にあたっている「ソーシャルワーカー」が受け付けを行い、事前訪問を行うなどして、介護対象者に対して、”適切”とされるサービスが提供されるというのが、一般的とされています。

check

Last update:2017/7/7